お金を借りるのに必要なこと|カードローンの選び方

お金を借りるのに必要なこと

急いでキャッシングしたい時に必要なもの、準備するもの

まず絶対に必要なのは「身分証明書」です。運転免許証、保険証、パスポート、住民基本台帳カードなどですね。
他は絶対必要ではありません。意外かも知れませんが、カードローンの審査というのはこのくらい必要書類が少ないのです。(念のため、身分証明書は2種類用意しておきましょう)
たとえば収入証明書は必要ないのか?と思われるかも知れません。収入証明書が必要なケースというのは、

  • 希望金額が多い
  • 自営業である

というケースです。希望金額が50万円程度なら、ほとんどの消費者金融や銀行カードローンで、収入証明書不要で借りることができます。金額は多少人によって変わります。不安定な職業や年収が低い場合、もっと小さい金額でも収入証明書が必要になる場合もあります。
自営業、個人事業主、フリーランスの場合は確実に収入証明書が必要です。これらの職業はもともとカードローンでも住宅ローンでもお金を借りる時には不利な属性なので仕方ありません。

 

とにかく、ここまで書いたように「収入証明書不要のキャッシング」は原則ほとんどすべてですし、絶対に必要な書類は「身分証明書」だけです。たくさん書類を用意するのが面倒くさい人は、身分証明書だけで簡単にクリアしてください。

 

その他の書類が必要なケース

たとえば自分の収入がない専業主婦の方がキャッシングをする場合。
この場合、消費者金融は受け付けてもらえないので、銀行カードローンの審査を受けます。
銀行カードローンで「旦那さんの収入によって借りる」という場合、住民票が必要です。これは婚姻関係を証明するためです。
多くの銀行はこれに加えて「配偶者の同意書」というものも必要ですが、みずほ銀行、東京スター銀行、楽天銀行、三菱東京UFJ銀行などはこの配偶者の同意書なしで借りることが可能。なので、必要なのは「自分の身分証明書、住民票」だけなのです。
「そんなに少なくていいのか?」と思われるかも知れませんが、いいのです。このくらい、最近のカードローンの審査は簡単になっているんですね。
また、旦那さんの収入によって借りる場合の収入証明書ですが、これも一定の金額の範囲内だったら不要です。たくさん借りたいという場合は、それにふさわしい年収があることを証明するために、収入証明書が必要になります。

 

とはいうものの、自分の収入がない専業主婦の方がそんなに高いキャッシングを必要とするとは思えないので、収入証明書はほぼ不要と考えていいでしょう。