主婦のキャッシング|カードローンの選び方

主婦のキャッシングの場合

総量規制のかからない銀行カードローン

総量規制というのは「年収の3分の1まで借りられる」というルール。そして、特に自分の収入がない専業主婦の方の場合、3分の1以前に年収がゼロです。
そのため、総量規制のルールに引っかかって、多くの貸金業者でキャッシングができないようになっているのです。たとえばアコム・プロミスなどの消費者金融の場合、全部ダメです。
しかし、銀行カードローンはこの総量規制のルールの対象外となっています。つまり、専業主婦の方でも借りられます。
この場合「配偶者貸付」というシステムを利用します。これは「旦那さんの収入によって借りる」というシステム。必要な書類は「住民票」です。これによって、旦那さんとの結婚を証明できるからです。
「配偶者の同意書」が必要な銀行もありますが、なしで借りられる銀行も結構あります。たとえばみずほ銀行、楽天銀行、東京スター銀行、三菱東京UFJ銀行…などです。配偶者の同意書なしでいいということは、夫に内緒で借りることもできるということです。
用意する書類も住民票だけなので非常に楽です(あと、自分の身分証明書も必要ですが)。
収入証明書は必要ありません。配偶者貸付の時だけでなく、現代のカードローンでは一定の金額の範囲内なら収入証明書なしで借り入れOKだからです。

 

レディースキャッシングの魅力

レディースキャッシングは女性向けローンです。別名レディースローンということもあります。
この魅力はまず「女性の審査が簡単」ということ。といっても受かりやすいとか甘いという意味ではありません。
女性以外申し込まないので、たとえば性別の欄が記入不要です。また、職業の選択肢にしても、専業主婦などが上位に来ており、選択しやすくなっています。このように申込みフォームが女性用にカスタマイズされているので、操作が楽なのです。余計なストレスを感じずに申し込みの作業をすることができます。
また、レディースキャッシングだと女性の心理的抵抗がありません。女性というだけで、あちらが歓迎する条件にすでに当てはまっているわけですから、それだけでもだいぶ心理的抵抗がなくなります。当然審査してくれるオペレーターさんも女性ですし、キャッシングに対して怖いというイメージがある方でも安心できるでしょう。
その他の金利や限度額などの面では、レディースキャッシングも普通のカードローンと変わりはありません。違いやメリットはここまで書いたような内容です。